- アイデンティティーは氏名のどこに宿るか?

2003/07/31/Thu.アイデンティティーは氏名のどこに宿るか?

以前から気になって夜も眠れなかった問題がある。どうして主に苗字でのみ呼ばれる作家、名前でのみ呼ばれる作家、フルネームでのみ呼ばれる作家の 3種類がいるのか。例えば「日本の文豪 - 漱石、芥川、三島」というタイトルはあり得ても「日本の文豪 - 夏目、龍之介、由紀夫」という表記はないだろう。どうして夏目漱石は「漱石」で芥川龍之介は「芥川」なのか。以下は具体例。

主に苗字で呼ばれる作家
芥川龍之介、太宰治、三島由紀夫、川端康成、筒井康隆、横溝正史、など。
主に名前で呼ばれる作家
夏目漱石、森鴎外、江戸川乱歩、松本清張、など。
主にフルネームで呼ばれる作家
田山花袋、安部公房、小松左京、赤川次郎、西村京太郎、など。

まあ、個人的な感覚ではあるが、概ねこのような具合だ。勿論、作家に限らず他の分野でも起こっていることなんだろうが。何なのだろうか。